シュクセお菓子教室

お問い合わせ・レッスンお申し込みは

090-3613-4237

お電話受付時間 : 9:00~19:00(担当:井手)

糖質約72%オフ!クリスマス ブッシュドノエルレッスンのご案内


こんにちは。

講師の井手 麻美(いで まみ)です。

今日は2021年12月クリスマスレッスンのご案内です。

 

※このレッスンは2021年12月のみとなります。気になる方はどうぞお見逃しなく!

 

 

12月と言えばクリスマス!!

今年のクリスマスケーキは、決まっていますか??

 

当教室ではクリスマスケーキレッスンは「ブッシュドノエル」を作ります。

 

ブッシュドノエルは「薪」をイメージして作ったケーキで、一般的にはチョコレートやココアを使った生地に

チョコレートクリームなどを巻いて作ります。

 

クリスマスには定番のブッシュドノエルですが、気を付けていただきたいのが

とても糖質が高いケーキという点です。

 

市販の他のスイーツと比較してもブッシュドノエルは高糖質!

ショートケーキ:約24g
チョコレートケーキ:約34.5g
チーズケーキ:約16g
レアチーズケーキ:約16.7g

 

上記比較をご覧ください。

他のケーキと比較してもチョコレートケーキは、糖質が多くなる傾向があります。

 

では当教室の低糖質ブッシュドノエルと普通の砂糖・小麦粉を使ったブッシュドノエルに

どれくらい糖質量があるか、参考にしてみてください。

 

【糖質量比較】

糖質75%オフ!低糖質ブッシュドノエル 1個分の糖質量 約7g

普通の砂糖を使ったブッシュドノエル 1個分の糖質量 約25g

 

【お持ち帰りについて】

ブッシュドノエル1台すべてお持ち帰り

箱は当方で準備いたします。

 

※このレッスンは2021年12月のみとなります。気になる方はどうぞお見逃しなく!

 

 

糖質約72%オフ!クリスマス ブッシュドノエルの内容

ではそもそもなぜ市販のブッシュドノエルは糖質が高いスイーツなんでしょうか?

 

そもそも原材料に使うチョコレートが、糖質量が多いのもありますが、

それに加えて市販のブッシュドノエルには砂糖がたくさん入った、ロールケーキの生地が使われているからです。

 

確かに市販のブッシュドノエルはおいしいけれど、どうしても糖質量のとても多いお菓子であることは間違いありません。

 

【当教室の低糖質ブッシュドノエルが低糖質で作れる理由】

市販のブッシュドノエルが糖質25gなのに、当教室のブッシュドノエルは1個あたり7gの糖質量です。

 

この記事を読んでいただいている方の疑問としては、どうやってそんなに糖質量を下げることができるのか?

そして味はおいしいの??

と思われるはずです。

 

カンタンにお伝えするなら、糖質量を下げるために粉の配合を工夫しています。

そして甘味料も工夫して使っています。

 

また一番気になる味については、間違いなくおいしくできています。

低糖質だからこそ、味にはこだわります。

 

低糖質ブッシュドノエルを食べた私の夫は

「ぜんぜん低糖質やって分からへん」

と言っていたくらいです。

 

夫は身内ですから、けっこう厳しく言ってくるのですが

その夫が「低糖質だと分からない」と言っていますから、確かです。

 

でもだからこそ、この低糖質ブッシュドノエルのレシピをたくさんの方に知っていただき

スイーツを食べても罪悪感がない楽しい毎日を過ごしていただくキッカケになれば

と思っています。

 

低糖質ブッシュドノエル7gを食べ続けるのと、市販の糖質25gのブッシュドノエルを食べ続けるのでは

どちらが罪悪感が少ないでしょうか?

 

<レッスンで習える内容>

・シフォン生地の作り方

・ロールケーキの巻き方

・ブッシュドノエルの仕上げ方

・絞り袋の扱い方、絞る姿勢

 

<お持ち帰りについて>

ブッシュドノエル1台すべてお持ち帰り

箱は当方で準備いたします。

 

<レッスンの流れ> 所要時間:約2時間30分

生徒さんの自己紹介→レシピの説明→実習→試食付きティータイム(講師が作ったお菓子を試食)→今後のレッスンのお話し→終了

 

<レッスンの特徴>

・1回のレッスンは3名までの少人数制だから初心者でも安心

・流れ作業のレッスンではなく、計量から1人1台ケーキを仕上げていただき、
ケーキは作ったものすべて、そのままお持ち帰りできます

・初めはできないことがあって当然です。そんな時は、私が進んでお手伝いします。

・レッスン後は、講師手作りの試食付きでティータイム♪

・日常生活にもすぐに役立つ糖質オフの方法もお伝えします。

 

※このレッスンは2021年12月のみとなります。気になる方はどうぞお見逃しなく!

 

 

クリスマス・年末年始は糖質摂取が必然的に多くなる

クリスマスには、ブッシュドノエルなどのクリスマスケーキだけでなく、ピザやシュトーレン、アルコール類なども

食べるというご家庭も多いかと思います。

 

クリスマスケーキの代表格である、ブッシュドノエルの糖質量をここで見てみましょう。

一般的な普通の砂糖・小麦粉を使ったブッシュドノエル1カットの糖質量は約25gです。

 

たとえばクリスマスディナーを家族で食べるとしましょう。

 

すると、

市販のブッシュドノエル1切れの糖質量が約25g

 + 

市販シュトーレン1切れの糖質量約26.7g

 +

市販のピザ2切れの糖質量約24g

 

=合計 75.7g!!

 

その他にもアルコール類や前菜などクリスマスディナーだけで 軽く 糖質量100g をオーバーする可能性があります。

 

じゃあ糖質量100gって、多いの少ないの??

 

と分からない方もいるでしょう。

 

そこで今回糖質量の基準を知って頂きたいと思います。

 

1食あたりの適切な糖質量の基準とは?

 

ここでなぜ糖質オフに取り組む必要があるのかも同時に、考えてみたいと思います。

 

まず、一日の理想的な摂取糖質量の例を挙げてみました。

 

上記基準は、糖尿病専門医の山田 悟先生が提唱されている

「ゆるやかな糖質制限食」の糖質量を基準にしています。

 

ゆるやかな糖質制限食によると、1食あたり40gまでの糖質量ならOKということになります。

 

ですが現代人のほとんどが、毎日のご自分の摂取糖質量がどれくらいなのか知らないのです。

 

統計によると、日本人の約4割が一日300g以上もの糖質量を摂取しているそうです。

 

ゆるやかな糖質制限食で言えば、一日の合計摂取糖質量の上限が130gですので、

その2倍以上の糖質量を摂取している人がけっこういるということです。

 

私も今は偉そうなこと言ってますが、つい1年半前まではまったく糖質量なんて関心がありませんでした( ゚Д゚)

 

それがある日受けた健康診断がキッカケで、関心を持たざるを得なかったのです(泣)

正直、体は痛くもかゆくもなく自覚症状はまったくなし!!

 

でも健康診断の血糖値が明らかになんかオカシイのです。

今まで血糖値の基準は超えたことがなかった私。。

 

もともと健康オタクだったこともあり、この数値には異変を感じました。

 

ではなぜ私の血糖値が高くなっているのか??

本などを読んでイチから勉強です。

 

そしていろいろ考えた結果、お菓子・パンだけでなく普段の食事での糖質摂取が多すぎるということに

気づきました。

 

そして私が当時食べていた食べ物を考えて、糖質量をどれくらい一日で摂取しているか

算出してみました。

 

すると300g以上の糖質量を毎日摂取していることが判明しました。

 

個々人の体重や身長・運動量によって、摂取糖質量の上限は異なりますが

明らかに私の摂取糖質量は多すぎることが判明したのです!

 

問題なのは糖質摂取に無自覚なこと

ある調査では、日本人の約半数が糖質量を一日300g以上摂取しているそうです。

 

しかもそのほとんどが、自分がどれくらい糖質量を摂取しているか知らないそうです。

 

かくいう私も無自覚者の一人でした。。

若い時は少々糖質の多いケーキやパンなどを食べても、なんともなかったのです。

 

でも、日々の食生活は年を重ねるごとに体に影響を及ぼすのです。

 

 

ついついお菓子をつまんでしまう方は血糖値の急上昇に注意

ついつい、小腹がすいたらお菓子をつまんでしまうという方はいませんか??

 

でも普通の砂糖・小麦粉を使ったモンブランは、糖質を多く含んでいますので

空きっ腹に食べてしまえば、血糖値が急激に上昇してしまいます。

 

そんな小腹がすいた時でも低糖質モンブランがあれば、罪悪感ゼロ!でお腹を満たすことができます。

 

そして、糖質も少ないので血糖値にも安心ですし、そして栗の食物繊維も含んでいますから

大切な栄養素も一緒に摂取できるという一石二鳥のお菓子作りです。

 

じゃあ味はどうなの?と言われるでしょう。

 

 

そして一般的に低糖質スイーツを自己流で作る際に、うまくできない・失敗する

などのお悩みをよく聞きます。

 

一つ一つの作業を丁寧に、そしてコツを知ることで

「低糖質なのに、でもおいしい!!」

を叶えるお菓子作りができるようになります。

 

 

 

スイーツを食べたいけどガマンしていませんか?

私も実は言うと、もともとスイーツが大好きでやめられませんでした。

甘党の私から言えば、スイーツはガマンしなきゃ!と思ってはいたのですが、

やはりおいしくてやめられなかったのです。

 

砂糖や小麦粉がたくさん入った糖質の多いスイーツを食べると、血糖値が急激に上がり

そしてすい臓から分泌さるインスリンで血糖値が下がります。

 

血糖値が上がると、人は気分が良くなるのですが今度急激に下がる時には、

逆にイライラや体の不調が出やすいと言われています。

 

だからまたまた、血糖値を上げて気分が良くなりたいので糖質の多いスイーツがまた食べたくなってしまう

という悪循環になります。

 

だからここで糖質の多いスイーツを単にやめればいい、というのは言うのはカンタンなのですが

脳は糖質の多いスイーツなどの食べ物を食べると気分が良くなることを覚えているので

無性に食べたくなります。

 

ですから、やめるというのはスイーツ好きの方にとっては根性や努力でやめることはなかなか難しいわけです。

 

なのでこのような方に当教室の低糖質スイーツ講座はおススメです。

 

【講座がおススメな方】

  • スイーツが好きでやめられない
  • スイーツを食べる時に罪悪感がある
  • ダイエット中
  • 健康を気にしている

 

 

 

講座を受講するとどうなるの?

では、講座を受講するとどうなるのかお話しします。

 

①スイーツが好きでやめられない   → やめなくてもいい

②スイーツを食べる時に罪悪感がある → 罪悪感ゼロ

③ダイエット中           → ダイエット中でも安心して食べられる

④健康を気にしている        → 糖質が少ない低糖質スイーツなら血糖値が気になる方はじめ、健康を気にする方にも安心

 

<解決する理由>

①スイーツが好きでやめられない

たとえば糖質72%オフ!低糖質ブッシュドノエル 1個分の糖質量 約7g ですから

実はお茶碗1杯の白ご飯の糖質量が約25gもあるので、白ご飯よりもかなり低糖質となります。

 

ですからスイーツが好きだけど、やめられない方もやめなくてもいいのです。

 

これがたとえば市販のブッシュドノエルを食べたとするならば、糖質25gを一度に摂取することになります。

すると、もうご飯も何も後では食べられないくらいの糖質量を摂取してしまうのです。

 

当教室のお菓子の最大糖質量の基準は、糖尿病専門医の山田 悟先生が提唱されている

「ゆるやかな糖質制限食」のスイーツの糖質量を基準にしています。

 

「ゆるやかな糖質制限食」によれば、1日の間食で摂っていい糖質量の上限が10gです。

今回の低糖質ブッシュドノエルは糖質量7gすから、かなり余裕があります。

 

 

② スイーツを食べる時に罪悪感がある

スイーツを食べる時になぜ罪悪感があるのか?と考えてみれば

砂糖の量が多くて、健康には良くないだろうと分かっているけど食べるからではないでしょうか?

①と重なりますが、当教室の低糖質スイーツ作りなら市販の糖質の多いお菓子と比べて

約70~95%オフ!なので、罪悪感なしに食べられます。

 

③ダイエット中 

下記の画像をご覧いただくとなぜ糖質の多いお菓子を食べると太るのか?ということが

分かります。

 

要は、糖質の摂りすぎにより余った糖が体内で脂肪に変換されて太ってしまうわけです。

ということは、太るメカニズムとはつまり「糖質の過剰摂取」ですから、糖質の多い食べ物を控えることが

大切なんです。

 

ですからスイーツを食べるにしても、砂糖・小麦粉を使った糖質の多いスイーツを食べ続けていると

太ります(これは皆さん周知の事実)。

 

では当教室の低糖質スイーツならどうなのか?といえば、市販の砂糖・小麦粉を使ったお菓子作りと比較して

糖質約70~95%オフ!なので、心配はかなり少ないと言えます。

 

 

④健康を気にしている

血糖値など気にされている方もいらっしゃいます。

でも血糖値を上げるのは、主に糖質ですから、スイーツであっても糖質の少ない当教室で作っている

低糖質スイーツなら、食べても安心だと言えます。

 

特にダイエットも血糖値も気にしていない方にも必要(糖化)

じゃあ私は特に健康上もダイエットも気にしていないし、低糖質スイーツを食べるほど困っていない

という方もいるでしょう。

 

そんな方には必要ないのか?と言うと、逆に必要なんです。

その理由は、スイーツ好きの方は今日明日にでも糖質の多いスイーツを口にします。

 

実は血糖値に問題がない健康な人であっても、糖質を摂取すると「糖化が促進」されるのです。

糖化とは、糖質の摂取で引き起こされるもっとも深刻な問題なのです。

 

体内で糖化が進めば、動脈硬化・アレルギー・生理不順・骨粗しょう症・ガン・肌荒れなどの

あらゆる病気や不調に関係するのです。

 

つまり糖化は 「老化」に直結しているのです。

 

でもそのスイーツがもし糖質の多いものではなく、低糖質スイーツならどうでしょうか?

何か月~何年後か、積み重ねていった時にどんな差がでるのでしょう?

 

今は大丈夫でも、糖質の多い食べ物を多く食べ続けるとすい臓が疲弊してしまい、インスリンが出にくくなったり

インスリンが効きにくくなるようです。

 

そうすると高血糖状態が続いてしまい、健康を損ねる可能性があります。

 

高血糖は別目「サイレントキラー」とも言われます。

その理由は、たとえカラダが高血糖状態であっても痛くもかゆくもなくて、

相当症状が進行しないと気づかないからです。

 

そして、症状が出て来た時には手遅れとなってしまうことも少なくありません。

 

対面レッスン+動画講座で一度に習得も可能

ここで、他の教室にはない当教室独自のシステムをお話しします。

「1回のレッスンは3名までの少人数制だから初心者でも安心」とお話ししました。

 

初心者の方のレッスン受講前の心配ごとと言えば、

 

  • 1回でこのレシピが作れるようになるのか?

 

という不安はありませんか?

 

それを解決するために、レッスンではお菓子作りの基礎にもとづいてコツをお伝えしています。

 

かと言って、限られたレッスン時間内でお菓子を作りますし、メモしたことを忘れたり、どうだったかな?と思ったり

する方もいるでしょう。

 

そのような不安に対して、当教室では選べる2つのレッスンをご用意しております。

 

希望者は動画も購入可能

 

  1. 従来からある対面レッスンのみ受講

 

  1. 対面レッスン + 動画講座 (+1,500円で動画講座を受講できる)

 

つまり不安のある方に対して、当教室では従来からある対面レッスンだけでなく

 

対面レッスン + 動画講座

 

を組み合わせた、一度で習得できるレッスンをご用意しております。

 

どうしても1度でこのレシピを習得したい!という方へは

 

対面レッスン + 動画講座

 

がおススメです。

 

もしくは、動画講座は必要なくて対面レッスンのみでもOKです。

 

※目的により、1または2を選んでいただけます。

 

【対面レッスンと動画講座のメリットデメリット】

 

対面レッスン のメリットは、個々の生徒さんに対して直に講師からアドバイスを受けながらできるので

個々に苦手なところを教えてもらうことができます。

 

一方、対面レッスンのデメリットは、一度きりなので初心者の方は作るのに精いっぱいになってしまい

忘れたりする可能性があります。

 

一方、動画講座 のメリットとしては、何度も見て復習できる!という点です。

 

一方動画講座のデメリットは、個々の生徒さんに100%寄り添うことはできませんので、

個々の苦手な点をカバーしにくいと言えます。

 

【対面レッスンと動画講座を組み合わせると】

 

生徒様の声

奈良県王寺町SY様

↑↑ その時作られたお菓子

 

家族みんなが甘いものが大好きです。

でも、身体の事を考えたらスイーツは食べるのを我慢しないといけなくて、、、(泣)

 

そんな簡単に大好きなものを我慢できない!!と思っていました。

 

こちらの低糖質スイーツの教室があると知り、罪悪感なく甘いものが食べられるなんてこんな幸せなことはないと思いながらも、

低糖質だときっと食べたら物足りないのではないかなという心配もありながら、体験レッスンに行きました。

 

それが、
レッスンしてみて、180度低糖質スイーツへの考えが変わりました!!

 

まず、見た目もとてもお洒落で美味しそう!!そして、食べたら、

低糖質だと言われなければ気づかないだろうというくらい満足して食べられるスイーツだったんです!!

 

私は体験レッスンには、友人に誘われて行ったのですが、この体験一度のレッスンで、

先生の低糖質スイーツへの情熱や、質問への的確な返答をしてくださるスイーツ作りの知識の豊富さ、

健康や美容意識の高さ、女性らしく素敵なお人柄の全てに魅力を感じ、ぜひ今後も先生のレッスンを受けに通いたいと思いました!!

 

なので、すぐに次のレッスン(体験の10日後くらい)に予約していました。

もともとスイーツ作りは大好きだったのですが、納得のいくスイーツは作れてはいなかったと思います、、、。

 

先生はヘラの使い方やハンドミキサーの角度などからも丁寧に教えてくださり、

お菓子作りの基礎からしっかり学べて、私でも誰かにプレゼント出来るようなスイーツが作れるようになってきていて、大変勉強になっています。

 

自宅でも手作りのお菓子を家族に作る事が増えて、キッチンに立つ時のワクワクも増え、

自分時間のスイーツ作りがストレス発散の一つとなっています。

 

しかも、作った後に美味しく低糖質スイーツを食べる事でも癒されるので、こんな最高な事はないです!!

 

これからも低糖質で身体にも嬉しく、家族も喜んでくれて一緒に幸せスイーツタイムを過ごせるように、

シュクセお菓子教室で楽しくレッスンに通っていこうと思います。

 

よくある質問

質問① 使っているのは人工甘味料なのか?体に良くないのでは?

 

答え 結論から言うと、人工甘味料は使っていません。

上の表「甘味料のまとめ」をご覧ください。

 

それぞれ「人工甘味料」と言われるもの・天然の原料から作られた「糖アルコール」と言われるものを表記しています。

 

当教室では、糖アルコールの中のエリスリトールを主原料にし、漢方薬の原料として古くから使われてきたラカンカという植物から作られた「ラカンカ抽出物」を入れた甘味料を使っています。

 

この甘味料は、カロリーゼロ・血糖値も上げません。

 

当教室で使っているのは、サラヤ株式会社から販売されている「ラカントホワイト」を使っています。

 

エリスリトールは、WHOとFAO合同食品添加物専門家会議(JECFA)により摂取上限を設定しない食品とされています。

 

米国食品医薬品庁(FDA)でも安全なものだとされています。

 

一方、人工甘味料については摂取上限が設けられていることから、エスリルトールの摂取上限がないということは、安全性が極めて高いものだという解釈ができます。

 

質問②  超初心者だけどレッスンについていけますか?

答え 当教室に来られる生徒さんの約90%が、超初心者または初心者の方から始められています。

みなさんレッスンに来る前は、

「他の生徒さんについて行けるかな!?」
「他の生徒さんの足を引っ張らないかな!?」

 

という同じ不安をお持ちです。

 

でも私はお菓子作り初心者の人ほどレッスンに来ていただきたいと考えています。

 

もともと私自身も十数年前までは一般のお菓子教室に通う生徒でした。

 

初めはレッスンについて行けず落ちこぼれ感を味わった覚えがあります。

 

その経験があるからこそ、初心者の人でも安心して通える教室をしています。

 

具体的には、3人までの少人数制・計量~焼き上げまで一人で仕上げていただくレッスンスタイルをとっています。

 

大手教室では定員が5名までのところが多い上に、計量は講師側で済ませており、実習から始めるところも少なくありません。

 

ですが計量もお菓子作りの時間のうちですし、初心者の人ほど計量に時間がかかります。

 

当教室では計りの使い方からレッスンしております。

 

でも初めからすべて自分でというのは、ハードルが上がりますので、少し難しいと感じる作業は、私が一緒にするのでご安心ください。

 

もともと料理経験ゼロ・お菓子作り経験は皆無の人も来られています。

 

レッスンはすでに6回目ですが、聞けば最近「お菓子作りが楽しくてしょーがない」とおっしゃっています。

 

「ケーキができ上がるのがうれしい」つまり達成感があるのが楽しいようです。

 

質問③ 低糖質スイーツはおいしいの?

答え 来られる生徒さんの中には以前、市販の低糖質スイーツを食べた時に「おいしくなかった」という苦い思い出がある人もいます。

 

また砂糖・小麦粉を控えて作るので、おいしくないのでは?と心配される方もいます。

 

低糖質スイーツの味に不安のある人も、レッスンが終わる頃には、180度低糖質スイーツの印象が変わるようです。

 

「なにこれ!めっちゃフワフワ!めっちゃおいしい!」

「このレシピ、本当に先生(私)が作ったんですか?」

「糖質カットとは思えない。」

 

と言ってくださる人が多数です。

 

質問④ 低糖質スイーツ作りでは、なぜ乳製品・卵が使っていいのか?

乳製品・卵を食べると太るんじゃないの?

 

「タンパク質・脂質を摂ると太るような気がする」

とおっしゃるかもしれません。

 

乳製品・卵を使える理由をカンタンに伝えると

要約すると、糖質の多い食べ物を食べる→血糖値が急上昇→インスリンの過剰分泌→脂肪をためこみ→太る

というメカニズムです。

 

一方で、乳製品・卵に含まれる「たんぱく質・脂質」は、ほとんど血糖値の上昇をしないのです。

 

また乳製品・卵には血糖値を上昇させる原因である糖質がほとんど含まれていないため、

血糖値に対しても安心だと言えます。

 

ということは、インスリンの過剰分泌につながらず、太りにくいのです。

 

一方、他のヘルシー系スイーツの代表格であるマクロビオティックスイーツ・ロースイーツともに

糖質は多く含まれているので、血糖値の上昇は否めません。

 

ケーキ屋さんのようなオシャレな低糖質スイーツを作るには

近頃では、レシピ本・レシピ動画などを手軽に見ることができます。

 

普通の砂糖・小麦粉を使ったお菓子作りにおいては、山ほどのレシピ本も出てますが

低糖質スイーツ作りのレシピ本は少ない上に、良書と言われるものは本当に少ないのです。

 

たとえ良書であってもプロ仕様で、初心者には難しすぎたりします。

 

またレシピ動画では、レシピ本よりは伝わりやすいかもしれませんが、レシピ動画をUPしている方が

果たしてお菓子作り初心者の失敗しやすいコツをちゃんと知った上で、説明しているかがチェックポイントとなります。

 

でも初心者の場合、もともとコツが分からない上でレシピ動画を見ているわけですから、判断のしようがありません。

 

当教室に来られる生徒さんの中にもレシピ動画を見て作ったけど、失敗した方もけっこういるのです。

 

では、「ケーキ屋さんのようなオシャレな低糖質スイーツを作る」にはなにが 必要なのでしょうか?

 

【ケーキ屋さんのようなオシャレな低糖質スイーツを作るために必要なこと】

① お菓子作りの基礎を知る(コツをちゃんと知ることが大事)

② 低糖質スイーツ作りに使う材料の特徴を知る

③ デコレーションがうまくできること(プロの仕上がりになる)

 

 

見ると難しく感じるかもしれませんが、レッスン中に自然に学んでいただけます。

 

そして当教室の生徒さんの約90%の方が初心者ですが、着実にご自宅でも低糖質スイーツ作りが作れるようになっています。

 

 

大切な人にプレゼントできるオシャレな低糖質スイーツ講座

先ほどの生徒さんの声にありましたが

低糖質で身体にも嬉しく、家族も喜んでくれて一緒に幸せスイーツタイムを過ごせるようになりたい

これは甘いもの好きの方には、とても理想的なことだと思いませんか?

 

実は講師である私自身が1年半前の健康診断で「血糖値が高め」だと言われました(泣)。

ただし、今は正常値です!

 

その時にもうお菓子教室はやめようか?とも思いました。

 

でもそんな時にたまたま見つけたのが「低糖質スイーツ作り」でした。

 

以前は砂糖・小麦粉を控えたお菓子はお菓子じゃない!と思っていたのですが、

実際作ってみるとおいしく、卵や乳製品も使えるので、オシャレにも仕上がりました。

 

以前からあるヘルシー系スイーツの代表であるマクロビオティックスイーツ・ロースイーツは卵・乳製品は

使えませんから、味もさることながら、見た目がどうもイマイチでした。

 

そしてマクロビオティックスイーツ・ロースイーツは、糖質の多い食材は使うため

しっかりと糖質は含んでいます。

 

一方、低糖質スイーツは見た目のオシャレさと味もコツさえ分かれば、普通のお菓子作りと遜色なく

おいしく作れるようになります。

 

そのため、プレゼント用として利用される方が多いです。

 

先述の生徒さん同様、通われる生徒さんはスイーツは楽しみたいし、「大切な人の健康のために」

「自分の健康のために」通われています。

 

低糖質スイーツ作りは、まだまだ世の中に出始めて日は浅いのですが、

私は世の中の人がプレゼントとしてだけでなく、

将来のご自分の未来や健康を考えて、普通に毎日食べていただけるよう

低糖質スイーツ作りをレッスンで伝えていきたいと思っています。

 

日常生活に取り入れていただける低糖質スイーツ作りをお伝えし、

生徒さんの人生・未来が明るくなるお菓子作りを伝えていきたいと思っています。

 

 

※このレッスンは2021年11月のみとなります。気になる方はどうぞお見逃しなく!

 

しつこい勧誘はしておりませんので、安心して受講できます。

 

 

奈良のシュクセお菓子教室

住所:奈良県生駒郡斑鳩町興留1-8-22(最寄り駅:JR法隆寺)

電話: 090-3613-4237 (井手)

営業時間:10:00~17:00

大切な方にプレゼントできる糖質制限スイーツ講座の詳細:https://www.succes-gateau.com/

アクセス:https://succes-gateau.com/access/

メール:info@succes-gateau.com